酵素の種類

MENU

酵素の種類は大きく分けて3種類

酵素の種類は非常に多く、体内にある酵素だけでも3000種類以上、自然界だろ20000種類以上の酵素があると言われています。
これだけ種類が多いと分類が大変ですので、人体に関係ある酵素は大きく分けて3種類の酵素に分類されています。3種類の酵素とは、消化酵素、代謝酵素、食物酵素の三つです。

消化酵素

まず、消化酵素から説明していくと、消化酵素は体の中で消化を助けたりする酵素のことで、体の中に食物が入ってくると、それを体が吸収しやすい形に変換します。
例えば、お米をずっとかんでいると、唾液の中の消化酵素が働いて、デンプンをブドウ糖に変換するので、甘くなってくることなどを思い浮かべると分かりやすいでしょう。

代謝酵素

代謝酵素は、体の中に吸収された栄養素を細胞に運んだりする運搬役を主に担当しています。
また、食べ物などには老廃物がありますので、そういったものを抽出して排出したりもしています。
さらに、代謝酵素は、治癒や免疫力などにも関わっているので、不足すると風邪を引きやすくなったりするでしょう。

食物酵素

食物酵素ですが、これは野菜や果物、肉、魚などの普通の加熱されていない食品や、味噌や醤油などの発酵食品に入っています。
食物酵素が入っている食物を食べると、消化吸収が助けられるので、積極的に食物酵素を摂取した方が良いとされています。
他にも、洗剤に使われている酵素など、世の中には色々な酵素がありますが、人間の体に関係あるのは、上記の3つの酵素だと言うことができるでしょう。